• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 農村植生管理プロジェクト > メンバー紹介

ここから本文です。

更新日:平成23年4月1日

地域の力で農業力をアップ 静岡県農林技術研究所 農村植生管理プロジェクト

メンバー紹介

稲垣 栄洋
プロジェクトリーダー・農学博士
済木 千恵子
社会科学・農業経営学
松野 和夫
応用昆虫学
市原 実
雑草生態学・農学博士
プロジェクトメンバー集合写真
稲垣 栄洋

プロジェクトリーダー・農学博士
稲垣 栄洋(いながき ひでひろ)

研究分担
プロジェクト研究の総括
これまでの研究歴
平成10年~平成14年 静岡県農業試験場生物工学部
ササユリの未熟種子培養法の開発
胚珠・胚培養および放射線育種を活用した花きの新品種開発
平成15年~平成18年 静岡県農業試験場病害抵抗性プロジェクト
バイオフォトンを利用した病害抵抗性誘導農薬の開発
静岡県農業試験場作物部
水田・畑作における難防除雑草制御技術の確立
平成19年~平成21年 静岡県農林技術研究所 環境水田プロジェクト
水田を中心とした農業の多面的機能の科学的解析と活用
平成22年~現在 静岡県農林技術研究所 農村植生管理プロジェクト

研究業績

(書籍等)
  • 「Weeds:Management, Economic Impacts and Biology(共著)(NOVA,2009)」
  • 「田んぼのめぐみといとなみ(創森社,2009)」 「Glocal Environmental Education(共著)(Springer,2010)」
  • 「静岡県 田んぼの生き物図鑑(共著)(静岡新聞社,2010)」 「田んぼの生き物誌(創森社,2010)」
  • 「雑草学用語事典(分担執筆)(日本雑草学会,2011)」 など
(論文等)
  • 向山新一・川鍋祐夫・押田敏雄・稲垣栄洋.1997.除草剤による牧草地におけるエゾノギシギシの防除 -選択性除草剤MDBAとチフェンスルフロンメチルの除草効果- 家畜衛生研究会報45:7-12
  • 稲垣栄洋・寺田吉徳・大塚寿夫.2000.静岡県におけるササユリの自生地環境と自生集団の地理的変異.静岡農試研報45:25-37
  • 細川吉晴・深沢宏美・稲垣栄洋.2001.酪農地域における多面的機能と景観面からの環境整備.農業土木学会誌69(2):149-154
  • 稲垣栄洋・沖 陽子.2001.一年性帰化雑草イチビ(Abutiron theoprasti Medic.)の発芽及び出芽特性.雑草研究46(2):91-96
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2001.胚珠・胚培養によるタカサゴユリ(Lilium formosanum Wallace.)×ササユリ(Lilium japonicum Thunb.) 種間雑種の作出および雑種の特性 静岡農試研報46:69-76
  • 稲垣栄洋・寺田吉徳・山本美智子・大塚寿夫.2002.ササユリ未熟種子の発芽特性と種子処理による発芽促進.園学雑71(1):133-138
  • 稲垣栄洋・寺田吉徳・大塚寿夫.2002.ササユリ未熟種子培養における発芽および小球の生育に及ぼすリン酸濃度の影響.園芸学研究1(1):35-39
  • 稲垣栄洋・沖 陽子.2002.イチビ(Abutiron theoprasti Medic.)の密度の差異がトウモロコシの生育に及ぼす影響.雑草研究46(4):261-266
  • 稲垣栄洋・沖 陽子.2002.初期1回除草剤処理条件下におけるトウモロコシとイチビの群落構造 雑草研究47(1):29-32
  • 稲垣栄洋.2002.タカサゴユリの自殖性について.雑草研究47(3):147-152
  • 山田栄成・稲垣栄洋・大塚寿夫.2002.スプレーギク‘ドリーミング’の育成経過とその特性.静岡農試研報47:43-48
  • 稲垣栄洋.2003.里山構成植物ササユリの生態特性.緑化工学会誌:80-84
  • Inagaki, H. Y. Terada, H. Otsuka and K. Kato. 2003. Mass propagation method of bulblets of Lilium japonicum Thunb. thorough immature seed culture techniques in the liquid medium. Bull Shizuoka Agri. Exp. Stn48: 57-62
  • 佐藤節郎・黒川俊二・稲垣栄洋.2004.雑草モノグラフ1 イチビ(Abutilon theophrasti Medic.).雑草研究49:45-62
  • 稲垣栄洋.2004.生態的特性の解明と到花年数の短縮によるササユリの自生地保全および園芸利用に関する研究.岐阜大学連合大学院学位論文
  • 加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋・伊代住浩幸.2004.バイオフォトンによる抵抗性誘導の評価.日本植物病理学会バイオコントロール研究会レポート第9号:55-65
  • Inagaki, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi. 2004. Elicitor-responsive photon emissions from plant cells change in the process of callus propagation. Black book 54: 273
  • Iyozumi,H, K. Kato, C. Kageyama, H. Inagaki, A. Yamaguchi, K. Furuse, K. Baba, H. Tsuchiya. 2005. Plant defense activators potentiate the generation of elicitor-responsive photon emission in rice. Physiological and Molecular Plant Pathology66: 68-74
  • Inagaki, H., H. Otsuka and Y. Terada. 2005. Rapid in vitro production of plants from immature seeds in Lilium japonicum Thunb. Black book55: 219-221
  • Kageyama, C. ,K. Kato, H, Inagaki, H. Iyozumi. 2006. Photon emission from rice cells elicitated by N-acetylchitooligosaccharaide is generated trough hospholipid signaling in desease resistance, in close association with the production of reactive oxygen species. Plant Physiology and Biochemistry. 44: 901-909
  • 伊代住浩幸・加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋.2006.イネ培養細胞における病害抵抗性誘導物質の違いによるプライミング効果の差異.日本植物病理学会報72: 195-199
  • 影山智津子・加藤公彦・伊代住浩幸・稲垣栄洋.2007.病害抵抗性誘導物質の前処理により増強される各種エリシター応答発光の特性.日本植物病理学会報73:15-20
  • 影山智津子・加藤公彦・伊代住浩幸・稲垣栄洋.2007.イネ培養細胞からのエリシター応答発光に対する過酸化水素の関与について.日本植物病理学会報73:300-303
  • Inagaki, H., T. Imaizumi, G-X Wang, T. Tominaga, K. Kato, H. Iyozumi, H. Nukui. 2007. Spontaneous ultraweak photon emission from rice (Oryza sativa L.) and paddy weeds treated with a sulfonylurea herbicide. Pesticide Biochemistry and Physiology 89: 158-162
  • 稲垣栄洋・栗山由佳子・前島固女・石上恭平.2007.湿地ブルドーザを利用した撹乱依存型絶滅危惧植物ミズアオイとオオアブノメ群落保全の取り組み.緑化工学会誌33:235-238
  • 山田栄成・稲垣栄洋.2007.スプレーギク’クリームナース’の育成経過とその特性.静岡農業技術研究所報告1:(印刷中)
  • Inagaki, H., Y. Ishida, A. Uchino, K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi and H. Nukui. 2008. Difference in ultraweak photon emissions between sulfonylurea-resistant and -susceptible biotypes of Scirpus juncoides following application of a sulfonylurea herbicide. Weed Biology and Management 8: (in print)
  • Inagaki, H., Y. Ishida, A. Uchino, K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi and H. Nukui. 2008. Difference in ultraweak photon emissions between sulfonylurea-resistant and -susceptible biotypes of Scirpus juncoides following application of a sulfonylurea herbicide. Weed Biology and Management 8: 276-283.
  • 稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀・松野和夫.2008.静岡県の茶園地帯に見られる管理された茶草ススキ草地.雑草研究53:77-78
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀・伴野正志.2008.静岡県菊川流域における植生の異なる休耕田にみられる動植物.緑化工学会34:269-272
  • 稲垣栄洋・今泉智通・汪光熙・冨永達.静岡県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの分布状況.雑草研究53:123-127
  • Inagaki, H., A. Yamaguchi, K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi, Y. Oki. 2008. Screening of weed extracts for antifungal properties against Colletotrichum lagenarium, the causal agent of anthracnose in cucumber. Weed Biol. Manag.8:276-283
  • 稲垣栄洋・高橋智紀・大石智広・松野和夫・外立ますみ.2008.伝統的冬期湛水田に見られるヒエ類の抑制効果.雑草研究54:77-78
  • 大石智広・稲垣栄洋・松野和夫・高橋智紀.2008.棚田の自然や景観を活かした地域づくり.地域政策学会
  • 大石智広・稲垣栄洋・高橋智紀・松野和夫・山本徳司・栗田英治.2009.静岡県の農業景観の選好特性の属性間比較.ランドスケープ研究72:889~892
  • Inagaki, H. and Yamaguchi, A. 2009. Spent substrate of Shiitake (Lentinula edodes) inhibit symptoms of anthracnose in cucumber. Mushroom science and biotechnology 17: 113-115
  • Inagaki, H., T. Imaizumi, G-X Wang, T. Tominaga, K. Kato, H. Iyozumi, and H. Nukui. 2009. Sulfonylurea- resistant biotypes of Monochoria vaginalis generate higher ultraweak photon emissions than the susceptible ones.Pesticide Biochemistry and Physiology95:117-120
  • 稲垣栄洋・松野和夫・高橋智紀・大石智広・根岸春奈・山下雅幸.2009.希少植物種が自生する休耕田におけるヒエ類の抑制.日本緑化工学会誌35:174-177
  • 稲垣栄洋・木田揚一・石田義樹・浅井元朗・市原実・鈴木智子・渡邊則子・山下雅幸・澤田均.2009.静岡県中遠地域のコムギ畑における耕起体系の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響.雑草研究54:71-76
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀.2010.棚田畦畔の草刈り管理がコモリグモ類の個体数の動態に及ぼす影響.農村計画学会誌28:267-272
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2010.環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.農村計画学会誌28:261-266
  • 下田路子・稲垣栄洋・増川朋宏・杉山孝介・杉山裕信.2010.静岡県の棚田における埋土種子集団の研究.水草研究会誌93:1-12
  • Takahashi, T. H. Inagaki, T. Fukushima, T. Oishi, and K. Matsuno(2010) Increasing nitrate removal at low temperatures by incorporating organic matter into paddy fields. Soil Sci. Plant Nutri. 56, 163~167
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀・山口翔.2010.カバークロップを利用した休耕田の問題雑草の管理.緑化工学会誌36:159-162
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀・山内達仁・岩崎邦彦.2010.地域資源としての棚田を活用した静岡県における新しいツーリズムの取組み.総合観光研究8:37-43
  • 鈴木智子・足立有右・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋・石田義樹・木田揚一・浅井元朗.2010.コムギ圃場におけるネズミムギによるコムギ減収率の簡易査定法.雑草研究55:174-182
  • 稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀・松野和夫・山本徳治・栗田英治.2010.農業体験活動が子どもの農業イメージに及ぼす影響 静岡県藤枝市における混住化地域を事例として.農村計画学会29:161~169
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2010.コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)の埋土種子動態と出芽動態―耕起体系と不耕起体系の比較.雑草研究55(1):16-25
  • Ichihara, M., K. Maruyama, M. Yamashita, H. Sawada, H. Inagaki, Y. Ishida, and M. Asai. 2011. Quantifying the ecosystem service of non-native weed seed predation provided by invertebrates and vertebrates in upland wheat fields converted from paddy fields. Agriculture, Ecosystems and Environment 140 (1-2): 191-198
学会発表等
  • 稲垣栄洋・沖 陽子.1991.一年生雑草イチビとトウモロコシとの相互作用に関する基礎研究(1) トウモロコシ畑におけるイチビの発生時期と生育との関係.雑草研究37(別):190-191
  • 稲垣栄洋・沖 陽子.1992.一年生雑草イチビとトウモロコシとの相互作用に関する基礎研究(2)イチビの発生密度の差異がトウモロコシ及びイチビの種子生産に与える影響.雑草研究38(別):152-153
  • 稲垣栄洋・向山新一・川鍋祐夫・押田敏雄.1997.草地におけるエゾノギシギシの防除 -選択性除草剤MDBA,チフェンスフロンメチルの殺草効果ー.日本草地学会誌43(別):190-191
  • 稲垣栄洋.1997.西富士地域の牧草地におけるヒメノオドリコソウの発生実態 雑草研究42(別):194-195
  • 稲垣栄洋.1997.人口草地に休耕に伴う雑草群落の変化.雑草研究42(別):196-197
  • 嶺田拓也・榎本 敬・稲垣栄洋・小山直樹.1998.海抜0mから富士山頂までの雑草分布 -静岡県田子の浦からの踏破調査より.雑草研究43(別):96-97
  • 稲垣栄洋・寺田吉徳・山本美智子・大塚寿夫.1999.ササユリ未熟種子の発芽特性と物理的処理による発芽の早期化.園学雑68別1:315
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.1999.ササユリ培養球根の鉢上げ後の生育に及ぼす培養中の照明条件の影響.園学雑68別2:418
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.1999.タカサゴユリの種子生産特性.雑草研究44(別):152-153
  • 稲垣栄洋・辻井 寛・久保田克哉・山本由加・岩崎晴美.1999.体験活動と観劇活動が森林イメージの変化に及ぼす影響.環境教育学会第10回大会発表要旨:63
  • 伏見典晃・稲垣栄洋・久保田克哉・杉山恵太郎・佐野進司.1999.学校教育水田におけるエコ・アップ活動の一事例.環境教育学会第10回大会発表要旨:19
  • 稲垣栄洋.2000.交配様式の異なるタカサゴユリ後代の生育特性.雑草研究45(別):178-179
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2000.静岡県におけるササユリ自生集団の種内変異と未熟種子培養による個体群保全の可能性.緑化工学会第14回生態保全研究会:2
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2000.未熟種子培養によるササユリの苗生産.H12関東東海花き研究会資料:10-11
  • 稲垣栄洋・嶺田拓也.2000.コドモ水稲同時作の試み ー田んぼと子どもたちの未来のためにー.環境教育学会第11回大会発表要旨:80
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2001.培地中のリン酸濃度の差異がササユリ未熟種子の発芽と小球の生育に及ぼす影響.園学雑70別1:140
  • 稲垣栄洋.2001.タカサゴユリの種子の飛散能力について.雑草研究46(別):226-227
  • 栗山由佳子・前島固女・稲垣栄洋・吉野知明.2001.静岡市麻機湿地における絶滅危惧植物ミズアオイとオオアブノメ群落保全の取り組み.雑草研究46(別):156-157
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2001.ササユリ自生集団間に見られる出芽及び開花パターンの変異 園学雑70別2:335
  • 稲垣栄洋.2003.里山構成植物ササユリの生態特性.緑化工学会誌:80-84
  • 伊代住浩幸・加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2004.抵抗性誘導物質の前処理によりイネ培養細胞のエリシター応答が増強される.H16年度病理学会講演要旨予稿集:321
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2004.エリシター応答発光を利用した抵抗性誘導剤の検出系に適するエリシターの選定.H16年度病理学会講演要旨予稿集:322
  • Iyozumi, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Inagaki. 2004. Pre-treatment of plant activator enhances the elicitor-responsive photon emission from the rice cell culture. 13th International Symposium on Bioluminescence & Chemiluminescence
  • Inagaki, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi 2004 Elicitor-responsive photon emission from plant cells changes in process of callus propagation. IPPS第11回大会講演要旨 11-12
  • 稲垣栄洋・大塚寿夫.2004.ジネンジョの節部切片培養における無機塩類と窒素源の制限がむかご形成に及ぼす影響.園学雑73別:2
  • 加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋・伊代住浩幸・山口亮.2005.バイオフォトンによる抵抗性誘導の評価.日本植物病理学会バイオコントロール研究会レポート第9号:55-65
  • 稲垣栄洋・伊代住浩幸・加藤公彦・影山智津子・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2005.抵抗性誘導剤処理によるイネ培養細胞のエリシター応答発光の増強は細胞の培養齢によって大きく変化する.平成17年度病理学会要旨:54
  • 伊代住浩幸・加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2005.エリシター応答発光の増強は抵抗性誘導物質の前処理によりプライミングを受けた細胞で起こる.平成17年度病理学会要旨:54
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2005.キチンエリシターによるイネ培養細胞の応答発光に関わる生化学反応及び物質の解明.平成17年度病理学会要旨:54
  • 米山千温・土井誠・加藤公彦・稲垣栄洋・外側正之・鈴木幹彦.2005.カボチャモザイクウイルス(WMV)の越冬源植物.平成17年度病理学会要旨:98
  • Inagaki, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi.2005.Rapid in vitro production of plants from immature seeds in Lilium japonicum Thunb. IPPS第12回講演要旨:20-25
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2005. バイオフォトンを利用した抵抗性誘導農薬の開発.分光ワークショップ
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸・古瀬勝美・馬場康司・土屋広司.2005.キチンエリシターによる病害抵抗性誘導に伴うイネ培養細胞からのバイオフォトンの発生とシグナル伝達.植物感染生理談話会
  • Inagaki, H., Y. Ishida, K. Kato, C. Kageyama, H. Iyozumi. 2006. Difference of ultraweak photon emission between sulfonylurea -resistant and -susceptible biotypes in scripus juncoides, applied with a sulfonylurea herbicide. 46th Weed Science Society of America Annual Meeting.
  • 藤井義晴・稲垣栄洋.2006.静岡県および茨城県周辺で採取した雑草のアレロパシー活性のサンドイッチ法による検索.雑草研究51(別):12-13
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸・古瀬勝美・馬場康司.2006.病害抵抗性誘導物質の前処理により増強される各種エリシター応答発光の特性.平成18年度病理学会要旨:215
  • Iyozumi, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Inagaki. 2006. A new evaluation method for plant defense activators based on potentiation of elicitor responsive photon emission (ERPE) in rice cells. The International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC) & Pesticide Science Society of Japan
  • 藤井義晴・菅野真実・古林章弘・山谷紘子・服部眞幸・平舘俊太郎・稲垣栄洋・Siriporn Zunsontiporn・児嶋清・渡邊寛明、Azmi Man.2006.亜熱帯地域から日本に侵入する可能性のある外来植物の他感作用のサンドイッチ法による検索.平成18年度関東雑草研究会
  • 稲垣栄洋・山口亮・加藤公彦・景山智津子・伊代住浩幸2006.緑化植物の病害防除活性の評価.日本緑化工学会誌32:243-246
  • Iyozumi, H., K. Kato, C. Kageyama, H. Inagaki. 2006. A new evaluation method for plant defense activators based on potentiation of elicitor responsive photon emission (ERPE) in rice cells. 第11回 IUPAC 農薬化学国際会議
  • 影山智津子・加藤公彦・稲垣栄洋・伊代住浩幸.2007.イネ培養細胞のエリシター応答発光への過酸化水素の関与.平成19年度病理学会要旨:252
  • 加藤公彦・影山智津子・稲垣栄洋・伊代住浩幸.2007.過酸化水素が誘導するイネ培養細胞のバイオフォトンの特性.平成19年度病理学会要旨:252
  • 稲垣栄洋・石田義樹・加藤公彦・影山智津子・伊代住浩幸・貫井秀樹・内野彰・汪光熙・今泉智通・冨永達.2007.スルホニルウレア系除草剤処理後にイネおよび水田雑草から検出されるバイオフォトン.雑草研究52(別):292-293
  • 稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗・市原実・鈴木智子・山下雅幸.2007.静岡県中遠地域の転作小麦畑における耕起条件の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響.雑草研究52(別):20-21
  • 木田揚一・稲垣栄洋・浅井元朗・市原実・鈴木智子・山下雅幸.2007.静岡県中遠地域の転作圃場における夏期の管理条件とネズミムギ及びヒロハフウリンホオズキの発生との関係.雑草研究52(別):22-23
  • 市原 実・鈴木智子・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2007.節足動物による圃場地表面のネズミムギ種子補食量の推定 .雑草研究52(別):16-17
  • 鈴木智子・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2007.コムギ作におけるネズミムギの雑草害とその達観調査精度.雑草研究52(別):18-19
  • 藤井義晴・稲垣栄洋.2007.静岡県で秋に採取した雑草118種のアレロパシー活性のサンドイッチ法による検索.雑草研究52(別):74-75
  • 露崎浩・長濱健一郎・伊藤さゆり・杉沢和枝・中川紗琴・稲垣栄洋.2007.雑草を文化の視座から捉える試み.雑草研究52(別):170-171
  • 稲垣栄洋・栗山由佳子・前島固女・石上恭平.2007.湿地ブルドーザを利用した撹乱依存型絶滅危惧植物ミズアオイとオオアブノメ群落保全の取り組み.緑化工学会誌33:235-238
  • Inagaki, H., A. Yamaguchi, K. Kato, C. Kageyama, and H. Iyozumi. 2007. Screening of Plant Extracts that Induce Systemic Acquired Resistance in the Cucumber. 第4回 アジア太平洋化学生態学会要旨:83
  • 伊代住浩幸・加藤公彦・稲垣栄洋・貫井秀樹.2007.生体情報としてのバイオフォトンとその利用技術.平成19年度関東東山雑草研究会.
  • 稲垣栄洋・山口亮・加藤公彦・影山智津子・伊代住浩幸.2008.雑草からの水抽出液によるキュウリ炭そ病菌の病害抑制.雑草研究52(別):
  • 小澤友理子・今泉智通・稲垣栄洋・栗山由佳子・赤井賢成・汪光熙・冨永達 2008 静岡県麻機地区に生育するミズアオイの遺伝的多様性.雑草研究53 別:136
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀・伴野正志.2008.静岡県中部地域における植生の異なる休耕田にみられる動植物.緑化工学会誌34:269-272.
  • 大石智広・稲垣栄洋.2008.棚田の自然や景観を活かした地域づくり.日本地域政策学会
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀.2008.Rice paddy fields as a setting for education on environmental sustainability.グローカル環境教育国際会議2008.
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2008.Rice paddy fields as a setting for education on environmental sustainability.田んぼ国際環境教育会議2008.
  • Inagaki, H., K. Matsuno, T. Ohishi, and T. Takahashi.2008.Effect of ridge mowing on population density of wolf spiders in rice paddy field ridges. British Ecological Society Annual Meeting 2008.
  • 市原 実・丸山啓輔・足立行徳・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2009.農地の生物多様性がもたらす雑草種子捕食サービスの定量化―対照的なランドスケープでの比較.第56回日本生態学会大会講演要旨集:300
  • 稲垣栄洋・加茂綱嗣.2009.茶草場として維持されている半自然草地の多様性.日本生態学会第56回全国大会企画集会
  • 丹野夕輝・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋.2009.草刈り高の違いが棚田畦畔の植生に及ぼす影響.雑草研究54(別): 38
  • 根岸春奈・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋.2009.休耕田管理の違いが植生と昆虫相に及ぼす影響.雑草研究54(別):41
  • 大石智広・稲垣栄洋,・高橋智紀,・松野和夫・山本徳司,・栗田英治.2009.静岡県の農業景観の選好特性の属性間比較.ランドスケープ研究72 (5):889-892
  • 稲垣栄洋・松野和夫・高橋智紀・大石智広・根岸春奈・山下雅幸.2009.希少植物種が自生する休耕田におけるヒエ類の抑制.日本緑化工学会誌35:174-177
  • Inagaki, H., K. Matsuno, T. Ohishi, and T. Takahashi. 2009. Effects of the flooding of rice paddies in winter season on the flora and fauna in summer season. Society for Ecological Restoration International Conference 2009
  • Shimoda, M. and H. Inagaki. 2009. Restoration of the landscape and biodiversity of terrace rice fields in Japan. Society for Ecological Restoration International Conference 2009
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2009.環境保全型農業を実施する水田と慣行水田に発生するコモリグモの比較.日本応用動物昆虫学会講演要旨53:196.
  • Matsuno, K., H. Inagaki, T. Ohishi, and T. Takahashi. 2009. Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional biodiversity in rice paddy fields. First ASIAHORCs Joint symposium.
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀.2010.棚田畦畔の草刈り管理がコモリグモ類の個体数の動態に及ぼす影響.農村計画学会誌28:267-272
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2010.環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.農村計画学会誌28:261~266
  • Matsuno, K., H. Inagaki, T. Ohishi, and T. Takahashi. 2009. Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields. NIAES MARCO Symposium2009.
  • Inagaki, H., A. Yamaguchi, K. Kato, C. Kageyama, and H. Iyozumi. 2009. Induction of Systemic Acquired Resistance in the Cucumber Plant by Extracts of Rakkyo (Allium chinense) NIAES MARCO Symposium2009
  • Matsuno, K., H. Inagaki, T. Ohishi, and T. Takahashi. 2009. Selection of indicator organisms for functional agrobiodiversity at a landscape level in Japan 3. Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields. The 6th APCE 2009.
  • Ichihara, M., K. Maruyama, Y. Adachi, M. Yamashita, H. Sawada, Y. Ishida, H. Inagaki, Y. Kida, and M. Asai. 2009. Increased agricultural landscape diversity enhances post-dispersal weed seed predation. 7th International Symposium on Integrated Field Science, Abstracts : 26
  • 高橋智紀・新良力也・宮地直道・福島務・稲垣栄洋・大石智広・松野和夫.2009.水田における稲わらのすきこみと冬期湛水を組み合わせた水系の硝酸性窒素除去技術.関東東海土壌肥料技術連絡協議会.
  • 楠本良延・稲垣栄洋・岩崎亘典・平舘俊太郎・山本勝利. 2010.掛川市東山地区における茶草場の植物群落の多様性.第57回日本生態学会大会講演要旨集
  • 岩崎亘典・楠本良延・平舘俊太郎・稲垣栄洋・山本勝利.2010.掛川市東山地区における茶草場の歴史的変遷.第57回日本生態学会大会講演要旨集
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2010)農業に有用な生物多様性の指標の開発:レンゲ栽培が水田の有用な生物多様性に与える影響.第54回日本応用動物昆虫学会大会要旨集
  • 丹野夕輝・根岸春奈・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋.2010.草刈り強度の違いが水田畦畔植生へ及ぼす影響―伝統的畦畔と慣行水田の比較.雑草研究55(別):44
  • 根岸春奈・丹野夕輝・市原実・山下雅幸・澤田均・稲垣栄洋.2010.休耕田管理法の違いが雑草の抑草効果に及ぼす影響―米ぬか処理の適用可能性.2010.雑草研究55(別):46
  • 浅井元朗・市原実・足立行徳・山下雅幸・澤田均・石田義樹・稲垣栄洋・木田揚一.2010.耕起体系によるネズミムギ出芽率の違いが場所により異なるのは何に起因するのか?.雑草研究55(別):50
  • 下田路子・稲垣栄洋.2010.静岡県における棚田の景観と生物相の再生.日本湿地学会第2回大会講演要旨
  • Inagaki, H., K. Matsuno. 2010. The flora and fauna in suburban paddy fields in Shizuoka City. Proceedings of the 2nd international conference of urban biodiversity and design: 274.
  • 平舘俊太郎・森田沙綾香・楠本良延・松野和夫・稲垣栄洋 2010 水田圃場における田面とその畦畔の土壌化学特性の比較 静岡県内における8圃場の比較.土壌肥料学会講演要旨
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀・山口翔.2010.カバークロップを利用した休耕田の問題雑草の管理.緑化工学会誌36:159-162
  • Inagaki1, H., Y. Kusumoto, N. Iwasaki, S. Hiradate, and S. Yamamoto. 2010. Biodiversity evaluation of Chagusaba: a semi-natural grassland maintained by green tea cultivation. The 4th EAFES international congress proceeding: 83
  • 稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀・松野和夫・山本徳治・栗田英治.2010.農業体験活動が子どもの農業イメージに及ぼす影響.静岡県藤枝市における混住化地域を事例として.農村計画学会29:161-169
  • Kato, A., and H. Inagaki. 2010. Mapping abandoned tea field using satellite remote sensing. The 4th international conference on O-CHA (Tea) culture and science. 55
  • Inagaki, H, Y. Kusumoto, N. Iwasaki, S. Hiradate, and S. Yamamoto. 2010. Biodiversity evaluation of Chagusaba: a semi-natural grassland maintained by green tea cultivation. The 4th international conference on O-CHA (Tea) culture and science. 55
  • Kusumoto, Y., H. Inagaki, N. Iwasaki, S. Hiradate, and S. Yamamoto. 2010. Historical change of Chagusaba: semi-natural grassland maintained by green tea cultivation at Higashiyama area, Shizuoka. The 4th international conference on O-CHA (Tea) culture and science. 56
  • Saiki, C., H. Inagaki, and K.Iwasaki. 2010. Investigation of potential clientele for green tea tourism. The 4th international conference on O-CHA (Tea) culture and science. 75
  • 済木千恵子・稲垣栄洋・岩崎邦彦.2010.グリーンティーツーリズムの潜在客層の探索―体験メニューの関心度による潜在客層の抽出と分類―.総合観光学会第19回全国学術研究大会講演要旨
  • 山口翔・水元駿輔・山下雅幸・澤田均・松野和夫・稲垣栄洋・市原実・済木千恵子.2010.土着天敵コモリグモは田植え前のレンゲ植生で増加する.生態学会中部地区大会2010年:24
  • 水元駿輔・山口翔・山下雅幸・澤田均・松野和夫・市原実・稲垣栄洋・柴卓也・菅原幸哉.2010.アカスジカスミカメはエンドファイト感染ネズミムギを忌避するか? 生態学会中部地区大会2010年:25
受賞等
  • 2001年静岡県職員表彰

ページの先頭へ戻る

済木 千恵子

社会科学・農業経営学
済木 千恵子(さいき ちえこ)

研究分担
ファーマーズマーケットやツーリズム等の農業を活用したビジネスの調査
これまでの研究歴
平成16~17年度 静岡県農業試験場 企画経営部
平成21年度 静岡県農林技術研究所 企画経営部
平成22年度~ 静岡県農林技術研究所 農村植生管理プロジェクト

研究業績

原著論文等
  • 済木千恵子・中川孝俊・山根俊(2011)来園者の満足度調査に基づくいちご狩り園改善方策の検討―静岡県伊豆地域A組合を対象に―、関東東海農業経営研究、101、47-50
研究ノート
  • 済木千恵子・中川孝俊(2007) 静岡市における切花消費の特徴とその要因の探索、農業経営通信、226、14-17
学会発表等
  • 平成22年6月
    平成22年度関東東山東海農業経営研究会春季研究大会 口頭発表
    「来園者の満足度調査に基づくいちご狩り園改善方策の検討―静岡県伊豆地域A組合を事例として―」
  • 平成22年10月
    The 4th International Conference on O-CHA(Tea) Culture and Science ポスター発表
    「Investigation of potential clientele for green tea tourism」
  • 平成22年12月
    総合観光学会第19回全国学術研究大会 口頭発表
    「グリーンティーツーリズムの潜在客層の探索―体験メニューの関心度による潜在客層の抽出と分類―」
受賞等
  • 済木千恵子・稲垣栄洋・岩崎邦彦.2010.Investigation of potential clientele for green tea tourism.第4回国際O-CHA学術会議.ポスター賞.

ページの先頭へ戻る

松野 和夫

応用昆虫学
松野 和夫(まつの かずお)

研究分担
斑点米カメムシの防除技術に関する研究
水稲害虫の天敵の保全・増殖に関する研究
これまでの研究歴
平成15年度~平成18年度 静岡県病害虫防除所
平成19年度~平成21年度 静岡県農林技術研究所 環境水田プロジェクト
平成22年度~ 静岡県農林技術研究所 農村植生管理プロジェクト

研究業績

論文等
  • 松野和夫・土井誠・杉山恵太郎・田上陽介・多々良明夫(2008)夏期におけるトマト栽培終了時のハウス閉め切りによるコナジラミ類の防除.関東東山病害虫研究会報55:123-128
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2010)環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.農村計画学会誌28:261-266
国内学会等における発表
  • 松野和夫・多々良明夫・土井誠・杉山恵太郎・田上陽介(2006)耕種的手法によるトマト黄化葉巻病の回避.第50回日本応用動物昆虫学会大会(口頭発表)
  • 松野和夫・土井誠・杉山恵太郎・田上陽介・多々良明夫(2007)遅植えによるトマト黄化葉巻病の耕種的防除.第51回日本応用動物昆虫学会大会(口頭発表)
  • 松野和夫・土井誠・杉山恵太郎・田上陽介・多々良明夫(2007)トマト栽培終了時のハウス閉め切りによるコナジラミ類の防除.第54回関東東山病害虫研究会研究発表会(口頭発表)
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2008)植生の異なる休耕田における斑点米カメムシの発生消長の比較.第52回日本応用動物昆虫学会(口頭発表)
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2009)環境保全型農業を実施する水田と慣行水田に発生するコモリグモの比較.第53回日本応用動物昆虫学会(口頭発表)
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2009)環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.2009年度農村計画学会秋期大会(口頭発表)
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀(2010)農業に有用な生物多様性の指標の開発:レンゲ栽培が水田の有用な生物多様性に与える影響.第54回日本応用動物昆虫学会大会(口頭発表)
国際会議等における発表
  • Kazuo Matsuno(2009)Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional biodiversity in rice paddy fields.First ASIAHORCs Joint Symposium(ポスター発表)
  • Kazuo Matsuno・Hidehiro Inagaki・Tomohiro Ohishi・Tomoki Takahashi(2009)Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields.MARCO Symposium 2009(ポスター発表)
  • Kazuo Matsuno・Hidehiro Inagaki・Tomohiro Ohishi・Tomoki Takahashi(2009)Selection of indicator organisms for functional agrobiodiversity at a landscape level in Japan 3. Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields.The 6th APCE 2009(ポスター発表)

ページの先頭へ戻る

市原 実

雑草生態学・農学博士
市原 実(いちはら みのる)

研究分担
種子食性昆虫を活用した雑草抑制技術の開発
これまでの研究歴
平成19年~平成21年 岐阜大学大学院連合農学研究科博士課程 生物環境科学専攻
畑作における難防除雑草の個体群動態の解明
平成22年~現在 静岡県農林技術研究所 農村植生管理プロジェクト

研究業績

書籍等
  • 市原 実.2009.静岡県農林技術研究所編「静岡の棚田研究 その恵みと営み」(分担執筆)静岡新聞社.206-208
  • 市原 実.2010.NPO静岡県自然史博物館ネットワーク編「しずおか自然史」(分担執筆)静岡新聞社.216-217
  • 市原 実.2011.日本雑草学会編「雑草学辞典」(分担執筆)(印刷中)
論文等
  • 市原 実・和田明華・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2008.帰化アサガオ類の種子は火炎放射およびその後の湛水処理で全滅する.雑草研究53(2):41-47
  • Ichihara, M., M. Yamashita, H. Sawada, Y. Kida, and M. Asai. 2009. Influence of after-ripening environments on the germination characteristics and seed fate of Italian ryegrass (Lolium multiflorum). Weed Biology and Management 9 (3): 217-224
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2010.コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)の埋土種子動態と出芽動態―耕起体系と不耕起体系の比較.雑草研究55(1):16-25
  • Ichihara, M., K. Maruyama, M. Yamashita, H. Sawada, H. Inagaki, Y. Ishida, and M. Asai. 2011. Quantifying the ecosystem service of non-native weed seed predation provided by invertebrates and vertebrates in upland wheat fields converted from paddy fields. Agriculture, Ecosystems and Environment 140 (1-2): 191-198
  • 市原 実.2006.動物の食害による雑草種子の減少.雑草研究51(4):278
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均・浅井元朗.2009.種子食害と雑草の個体群動態:試験方法と近年の研究展開.関東雑草研究会報20:32-40
  • 稲垣栄洋・木田揚一・石田義樹・浅井元朗・市原 実・鈴木智子・渡邊則子・山下雅幸・澤田 均.2009.静岡県中遠地域のコムギ畑における耕起体系の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響.雑草研究54(2):71-76
  • Yamashita, M., M. Iwamoto, K. Maruyama, M. Ichihara, and H. Sawada. 2010. Contrasting infection frequencies of Neotyphodium endophyte in naturalized Italian ryegrass populations in Japanese farmlands. Grassland Science 56 (2): 71-76
  • 鈴木智子・足立有右・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋・石田義樹・木田揚一・浅井元朗.2010.コムギ圃場におけるネズミムギによるコムギ減収率の簡易査定法.雑草研究55(3):174-182
  • 浅井元朗・大段秀記・市原 実・石田義樹.2010.ムギ作における難防除雑草の埋土種子調査法.雑草研究55(3):218-227
学会発表等
  • 市原 実・足立有右・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2005.大豆圃場におけるイヌホオズキおよびヒロハフウリンホオズキの種子供給量と埋土種子量.雑草研究50(別):74-75
  • 市原 実・渡邊則子・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2005.越夏環境の違いによるネズミムギの出芽時期の差異.第37回種生物学シンポジウム プログラム・講演要旨集P-3
  • Ichihara, M., M. Yamashita, H. Sawada, Y. Kida, and M. Asai. 2006. Italian ryegrass seedling emergence and soil seedbank in a no-till and conventional wheat field. The Weed Science Society of America Annual Meeting, Abstracts: 27-28
  • 市原 実・足立有右・渡邊則子・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2006.耕起,不耕起管理圃場におけるネズミムギ埋土種子の動態と分布.雑草研究51(別):118-119
  • 市原 実・鈴木智子・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2007.節足動物による圃場地表面のネズミムギ種子捕食量の推定.雑草研究52(別):16-17
  • 市原 実.2007.農地地表面における昆虫による雑草種子捕食量の推定.日本昆虫学会第67回大会講演要旨:107
  • 市原 実・鈴木智子・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・木田揚一・浅井元朗.2008.大規模集約化圃場の圃場内部とあぜにおけるネズミムギ種子捕食率および種子捕食者の推定.第55回日本生態学会大会講演要旨集:252
  • 市原 実・和田明華・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2008.帰化アサガオ類の種子は火炎放射およびその後の湛水処理で全滅する.雑草研究53(別):56
  • 市原 実.2008.種子食害と雑草シードバンクの動態‐静岡県のコムギ圃場の事例.関東支部雑草防除研究会・関東雑草研究会合同研究会要旨集:41-45
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均.2008.農地生態系のもたらす雑草種子捕食サービスの定量化.日本生態学会中部地区会(要旨集なし).
  • Ichihara, M., K. Maruyama, Y. Adachi, M. Yamashita, H. Sawada, Y. Ishida, H. Inagaki, Y. Kida, and M. Asai. 2009. Increased agricultural landscape diversity enhances post-dispersal weed seed predation. 7th International Symposium on Integrated Field Science, Abstracts : 26
  • 市原 実・丸山啓輔・足立行徳・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2009.農地の生物多様性がもたらす雑草種子捕食サービスの定量化―対照的なランドスケープでの比較.第56回日本生態学会大会講演要旨集:300
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2009.コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギの埋土種子動態と出芽パターン―耕起および不耕起圃場の比較.雑草研究54(別):29
  • 市原 実・丸山啓輔・山下雅幸・澤田 均.2009.多様性の高い農地ランドスケープは種子食動物による“雑草防除サービス”を高める.日本生態学会中部地区会要旨集:11
  • 市原 実・丸山啓輔・足立行徳・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2010.多様性の高い農地ランドスケープは種子食動物による“雑草防除サービス”を安定的に高める.第57回日本生態学会大会講演要旨集:322
  • 足立有右・市原 実・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2005.静岡県中遠地域の大豆圃場における難防除雑草の発生消長と要防除期間.雑草研究50(別):60-61
  • 足立有右・山下雅幸・市原 実・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2005.静岡県中遠地域転作麦圃におけるネズミムギによる雑草害の推定.雑草研究50(別):66-67
  • 木田揚一・浅井元朗・足立有右・市原 実.2006.大豆不耕起狭畦栽培による難防除雑草ヒロハフウリンホオズキの抑制効果.雑草研究51(別):52-53
  • 鈴木智子・足立有右・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2007.コムギ作におけるネズミムギの雑草害とその達観調査精度.雑草研究52(別):18-19
  • 稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗・市原 実・鈴木智子・山下雅幸.2007.静岡県中遠地域の転作小麦畑における耕起条件の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響.雑草研究52(別):20-21
  • 木田揚一・稲垣栄洋・浅井元朗・市原 実・鈴木智子・山下雅幸.2007.静岡県中遠地域の転作圃場における夏期の管理条件とネズミムギ及びヒロハフウリンホオズキの発生の関係.雑草研究52(別):22-23
  • Asai, M., M. Hirafuji, H. Yoichi, T. Shibuya, and M. Ichihara. 2008. Crickets (Teleogryllus emma) are the main predators of weed seeds (Avena fatua and Lolium multiflorum) on arable land. The Weed Science Society of America Annual Meeting, Abstracts: 145
  • 鈴木智子・足立有右・市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・木田揚一・浅井元朗.2008.コムギ作におけるネズミムギによる雑草害の簡易査定.東海作物研究138 :10
  • 浅井元朗・澁谷知子・平藤雅之・世一秀雄・市原 実.2008.地表面のカラスムギ,ネズミムギ種子は夏期,エンマコオロギに消費されている.日本草地学会誌54(別):36-37
  • 丸山啓輔・市原 実・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・石田義樹・浅井元朗.2008.小麦圃場やその周辺で野生化したイタリアンライグラスのエンドファイト感染および種子食昆虫に及ぼす影響.日本草地学会誌54(別):38-39
  • 足立行徳・市原 実・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・石田義樹・浅井元朗.2008.耕起および不耕起圃場におけるホシアサガオ,ヒロハフウリンホオズキの出芽可能深度.雑草研究53(別):57
  • 足立行徳・市原 実・山下雅幸・澤田 均.2008.外来雑草ネズミムギの出芽深度と土壌攪乱-耕起農法と不耕起農法の比較.日本生態学会中部地区会(要旨集なし).
  • 丸山啓輔・市原 実・山下雅幸・澤田 均.2008.外来雑草ネズミムギへのエンドファイト感染が種子食昆虫に及ぼす影響.日本生態学会中部地区会(要旨集なし).
  • 足立行徳・市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・浅井元朗.2009.耕起および不耕起圃場における外来畑雑草3種の出芽可能深度と出芽確率.雑草研究54(別):34
  • 丹野夕輝・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋.2009.草刈り高の違いが棚田畦畔の植生に及ぼす影響.雑草研究54(別):38
  • 根岸春奈・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋.2009.休耕田管理の違いが植生と昆虫相に及ぼす影響.雑草研究54(別):41
  • 丸山啓輔・岩元美有記・市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・浅井元朗.2009.小麦圃場に生息する種子食性昆虫はエンドファイトに感染したイタリアンライグラス種子を忌避する.日本草地学会誌55(別):65
  • 丹野夕輝・市原 実・山下雅幸・澤田 均.2009.草刈り強度を弱めると水田畦畔植生の多様性は高まるか?―伝統的棚田と大規模水田の比較.日本生態学会中部地区会要旨集(ページ番号なし).
  • 丸山啓輔・戸村和貴・市原 実・山下雅幸・澤田 均.2009.コムギ畑に生息する種子食昆虫はエンドファイトに感染した外来雑草ネズミムギの種子を忌避する.日本生態学会中部地区会要旨集(ページ番号なし).
  • Yamashita, M., M. Iwamoto, K. Maruyama, M. Ichihara, and H. Sawada. 2010. Variable incidence of Neotyphodium endophyte in naturalized populations of Lolium multiflorum in Japanese farmlands. the International Symposium on Fungal Endophyte of Grasses, Inoculum 61 (4): 84
  • 丹野夕輝・根岸春奈・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋.2010.草刈り強度の違いが水田畦畔植生へ及ぼす影響―伝統的棚田と慣行水田の比較―.雑草研究55(別):44
  • 根岸春奈・丹野夕輝・市原 実・山下雅幸・澤田 均・稲垣栄洋.2010.休耕田管理法の違いが雑草の抑草効果に及ぼす影響―米ぬか処理の適用可能性―.雑草研究55(別):46
  • 浅井元朗・市原 実・足立行徳・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・木田揚一.2010.耕起体系によるネズミムギ出芽率の違いが場所により異なるのは何に起因するのか?雑草研究55(別):50
  • 足立行徳・市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・浅井元朗.2010.ネズミムギの発芽動態に対するHydrothermal timeモデルの適用.雑草研究55(別):80
  • 水元駿輔・山口 翔・山下雅幸・澤田 均・松野和夫・市原 実・稲垣栄洋・柴 卓也・菅原幸哉.2010.アカスジカスミカメはエンドファイト感染ネズミムギを忌避するか?日本生態学会中部地区会(要旨集なし).
  • 山口 翔・水元駿輔・山下雅幸・澤田 均・松野和夫・稲垣栄洋・市原 実・ 済木千恵子.2010.土着天敵コモリグモは田植え前のレンゲ植生で増加する.日本生態学会中部地区会(要旨集なし).
受賞等
  • 市原 実・和田明華・山下雅幸・澤田 均・木田揚一・浅井元朗.2008.帰化アサガオ類の種子は火炎放射およびその後の湛水処理で全滅する.日本雑草学会第47回大会.ベスト講演賞.
  • 市原 実・丸山啓輔・足立行徳・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・浅井元朗.2009.農地の生物多様性がもたらす雑草種子捕食サービスの定量化―対照的なランドスケープでの比較.日本生態学会第56回大会.ポスター賞「景観生態」分野(優秀賞).
  • 市原 実・山下雅幸・澤田 均・石田義樹・稲垣栄洋・木田揚一・浅井元朗.2009.コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギの埋土種子動態と出芽パターン‐耕起および不耕起圃場の比較.日本雑草学会第48回大会.ベスト講演賞.
  • 市原 実.2009.岐阜大学大学院連合農学研究科長表彰.2009年8月18日
  • 市原 実.2010.岐阜大学大学院学業成績修了表彰.2010年年3月15日.

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-36-1553
ファックス番号:0538-37-8466

メール:agrikikaku@pref.shizuoka.lg.jp