• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:2012年11月9日

静岡県農林技術研究所

イチゴ重要病害の早期診断法の開発

成果写真集【研究課題名】特産野菜、花きの難防除病害虫の防除技術の確立<2009~2010年度>

画像:イチゴ炭疽病検定

イチゴ炭疽病検定

研究のねらい

イチゴ生産現場では炭疽病、萎黄病及び疫病等の難防除病害の被害が拡大している。
これら病害の感染苗は外観で健全苗との区別が困難なことから、育苗圃や本圃に持込まれて感染源となっている。
このため苗の病害感染の有無を診断し、病害感染苗の流通・増殖や圃場への植え付けを未然に防ぐことが重要であり、千葉県他と共同で遺伝子増幅法によるイチゴ病害の迅速診断技術を開発し、検査マニュアルを作成する。

研究の成果

●イチゴの重要病害である炭疽病、萎黄病、疫病の検定に遺伝子診断を用いることで、原々種・原種の段階から潜在感染株を排除することができる。
●診断期間の大幅な短縮...炭疽病:従来法(エタノール浸漬法)2週間以上 → 3日
            萎黄病:30 日以上 → 3日
●正確な診断...炭疽病:病原性の菌のみ特定(表1)
●同時検出...疫病:原因菌である 2 種の疫病菌を根、土壌から検出

(担当/植物保護科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466