• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:平成24年11月9日

静岡県農林技術研究所

野菜・茶・柑橘栽培における堆肥中肥料成分(窒素)の有効利用

成果写真集【研究課題名】有機物資源を活用した自然循環型農業技術の確立<平成21~23年度>

画像:有機資源活用

有機資源活用

研究のねらい

世界的な肥料価格の高騰により、畜産堆肥等地域で発生する有機物資材中の肥料成分を有効利用していくことが求められている。

そこで、野菜、茶、柑橘において、堆肥に含まれる窒素の利用による化学肥料削減により、肥料費を低減する。

研究の成果

●堆肥を31年間連用している畑におけるキャベツ作において、施肥窒素の23~80%が代替可能(豚ぷん堆肥では80%)であった。
 これによる肥料費の削減率は最大60%と試算された。
●茶栽培では、牛ふん堆肥により年間窒素施肥量の30%を代替可能であった。
 これによる肥料費の削減率は 40%以上と試算された。
●柑橘の‘不知火’では、牛ふん堆肥により施肥窒素の 35%が代替可能であった。
 これにより、葉中窒素はやや低下したが、収量、果実品質はほぼ同等であった。
 柑橘では牛ふん堆肥施用量が5t/10a以上と多いことから、肥料費の削減率は9%にとどまった。

(担当/土壌環境科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466