• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:平成29年5月19日

静岡県農林技術研究所

新タマネギの雄性不稔系統の探索と栄養繁殖

成果写真集【研究課題名】農作物品種及び生産資材の比較検定調査(極早生タマネギの育種に関する予備調査)<平成27~28年度>

研究のねらい

・浜松には日本一早生の新タマネギ産地があるが、極早生品種はばらつきが大きい。
・雄性不稔株を利用した、極早生タマネギのF1育種の可能性を探る。
・夏越しが難しい極早生の雄性不稔株は特に貴重なことから、育種親として重要な株を栄養繁殖して、確実に翌春利用できる方法を開発する。

研究の成果

 早生品種(3月収穫)の品種・系統から12個体の雄性不稔株を発見した。ただし、1月収穫の極早生系統では、雄性不稔株は見つかっていない。
・得られた雄性不稔株の遺伝様式を現在調査中。極早生個体との戻し交配により、極早生の雄性不稔株の育成を進めている。
・栄養繁殖方法として、葱坊主に稀に発生する頭球(むかご)を人為的に発生させること
に成功。頭球は室温で夏越しできて10月上旬定植で翌年開花するので育種に利用できる。

(担当/育種科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466