• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:平成29年5月26日

静岡県農林技術研究所

紫外線照射等によるポンカン果皮の ノビレチン含有量の増強

成果写真集【研究課題名】健康長寿静岡の新たな機能性食品産業の創出<平成28~30年度>

研究のねらい

ノビレチンは、動物試験で抗認知症が期待できる結果が得られており、試験が進展すれば、社会的背景から関心は高いと考えられる。そこで、ポンカン果皮に含まれるノビレチンを使った加工品開発を想定し、高含有の加工素材につなげるため、時期別のノビレチン含有量を把握するとともに含有量を増加させる手法を開発する。

研究の成果

・ポンカン果皮のノビレチン含有量は、7月・9月の幼果期に多い。
・収穫後の果実に紫外線照射することで、ポンカン果皮のノビレチン含有量を増強できる。

(担当/果樹研究センター栽培育種科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466