• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:平成29年5月26日

静岡県農林技術研究所

カキ「四ツ溝」は酵素処理により 簡易にはく皮できる

成果写真集【研究課題名】ブルーベリー、カキ、スモモウメ、イチジクの規模拡大に向けた生産性向上 技術の開発<平成27~30年年度>

研究のねらい

 果実の皮むきは包丁を使った手作業によることが多く、その作業の省力化が加工品の安定生産につながると考えられる。そこで、カキの新しい皮むき方法として注目されている酵素はく皮の活用法として‘四ツ溝’における処理効果を検討した。

研究の成果

 果実の皮むきは包丁を使った手作業によることが多く、その作業の省力化が加工品の安定生産につながると考えられる。そこで、カキの新しい皮むき方法として注目されている酵素はく皮の活用法として‘四ツ溝’における処理効果を検討した。

(担当/果樹研究センター落葉果樹科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466