静岡県

本文へジャンプ

Foreign language English Chinese Korean Spanish Portugues

ホーム

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・雇用

交流・まちづくり

県政情報

ホーム 組織別情報 産業部 農林技術研究所 環境水田プロジェクト メンバー紹介

平成22年4月21日 更新
ここから本文です。
環境水田プロジェクト目次・農村・棚田保全(生物・水質・景観)
プロジェクトTOP
メンバー紹介
稲垣 栄洋
大石 智広
松野 和夫
高橋 智紀
研究内容
成果・評価報告
研究のトピック
English
環境水田プロジェクト・農村・棚田保全(生物・水質・景観)

静岡県/環境水田プロジェクト(2007-2009)「田んぼの恵みを科学する」農村・棚田保全(生物・水質・景観)2007年-2009年

メンバー紹介

稲垣 栄洋 大石 智広 松野 和夫 高橋 智紀

大石 智広(おおいし ともひろ)

1966年生まれ

研究分担

農業景観の評価、多面的機能の利活用と市場性

これまでの研究歴

平成13〜平成15年 静岡県柑橘試験場みかん光センサープロジェクト
 ミカンの顧客満足や流通方法の研究
平成16〜平成18年 静岡県農業試験場東部園芸分場
 イチゴの省力化や系統選抜の研究
平成19年〜平成21年 静岡県農林技術研究所 環境水田プロジェクト
平成22年〜 静岡県農林技術研究所 経営・生産システム科

研究業績

(論文等)
  • 大石智広・稲垣栄洋・高橋智紀・松野和夫・山本徳司・栗田英治.2009.静岡県の農業景観の選好特性の属性間比較.ランドスケープ研究72:889-892
  • 稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀・松野和夫.2008.静岡県の茶園地帯に見られる管理された茶草ススキ草地.雑草研究53:77-78
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀・伴野正志.2008.静岡県菊川流域における植生の異なる休耕田にみられる動植物.緑化工学会34:269-272
  • 稲垣栄洋・高橋智紀・大石智広・松野和夫・外立ますみ.2008.伝統的冬期湛水田に見られるヒエ類の抑制効果.雑草研究54:31-32
  • 稲垣栄洋・松野和夫・高橋智紀・大石智広・根岸春奈・山下雅幸.2009.希少植物種が自生する休耕田におけるヒエ類の抑制.日本緑化工学会誌35:174-177
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀.2010.棚田畦畔の草刈り管理がコモリグモ類の個体数の動態に及ぼす影響.農村計画学会誌28:267-272
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2010.環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.農村計画学会誌28:261-266
  • Tomoki TAKAHASHI, Hidehiro INAGAKI, Tsutomu FUKUSHIMA, Tomohiro OISHI,Kazuo MATSUNO.2010.Increasing nitrate removal at low temperatures by incorporating organic matter into paddy fields.Soil Science and Plant Nutrition 56, 163-167
(学会発表)
  • 大石智広・吉川公規.2002.静岡県における消費者のミカンに対する満足要因.園芸学会雑誌別冊71(2):440
  • 大石智広・吉川公規.2003.店頭における消費者のウンシュウミカンの購買行動.園芸学会雑誌別冊72(2):500
  • 大石智広・中根健.2006.イチゴ‘章姫’,‘紅ほっぺ’を用いた未分化苗定植法.園芸学会雑誌別冊75(2):266
  • 大石智広・稲垣栄洋.2008.棚田の自然や景観を活かした地域づくり.日本地域政策学会第7回全国研究(愛知)大会報告要旨集:118-119
  • 大石智広・稲垣栄洋・高橋智紀・松野和夫・山本徳司・栗田英治.2009.静岡県の農業景観の選好特性の属性間比較.日本造園学会.ランドスケープ研究72:889-892
  • 稲垣栄洋・大石智広・松野和夫・高橋智紀・伴野正志.2008.静岡県中部地域における植生の異なる休耕田にみられる動植物.第39回日本緑化工学会大会:P1-6-39
  • Hidehiro Inagaki, Kazuo Matsuno, Tomohiro Oishi, Tomoki Takahashi.2008.Rice paddy fields as a setting for education on environmental sustainability. グローカル環境教育国際会議2008.
  • Hidehiro Inagaki, Kazuo Matsuno, Tomohiro Oishi, Tomoki Takahashi. 2008.Effect of ridge mowing on population density of wolf spiders in rice paddy field ridges. 英国生態学会.
  • 稲垣栄洋・松野和夫・高橋智紀・大石智広・根岸春奈・山下雅幸.2009.貴重植物種が自生する休耕田におけるヒエ類の抑制.第40回日本緑化工学会大会:174
  • Hidehiro Inagaki, Kazuo Matsuno, Tomoki Takahashi, Tomohiro Oishi.2009.Effects of the flooding of rice paddies in winter season on the flora and fauna in summer season. 国際生態回復学会.
  • 稲垣栄洋・松野和夫・大石智広・高橋智紀.2009.棚田畦畔の草刈り管理がコモリグモ類の個体数の動態に及ぼす影響.農村計画学会秋季大会
  • Hidehiro Inagaki, Kazuo Matsuno, Tomohiro Oishi, Tomoki Takahashi.2008.Rice paddy fields as a setting for education on environmental sustainability. 田んぼ国際環境教育会議2008.
  • 松野 和夫 , 稲垣 栄洋 , 大石 智広 , 高橋 智紀.2008.植生の異なる休耕田における斑点米カメムシの発生消長の比較.日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 (52), 54
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2009.環境保全型農業を実施する水田と慣行水田に発生するコモリグモの比較.第53回日本応用動物昆虫学会
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2009.環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況.2009年度農村計画学会秋期大会.
  • Kazuo Matsuno, Hidehiro Inagaki, Tomohiro Oishi, Tomoki Takahashi.2009.Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields. NIAES MARCO シンポジウム2009.
  • Kazuo Matsuno, Hidehiro Inagaki, Tomohiro Oishi, Tomoki Takahashi.2009.Selection of indicator organisms for functional agrobiodiversity at a landscape level in Japan 3. Effects of Chinese milk vetch (Astragalus sinicus L.) cultivation on functional agrobiodiversity in rice paddy fields. The 6th APCE 2009.
  • 松野和夫・稲垣栄洋・大石智広・高橋智紀.2010.農業に有用な生物多様性の指標の開発:レンゲ栽培が水田の有用な生物多様性に与える影響.第54回日本応用動物昆虫学会大会
(その他)
  • 大石智広.2004.カンキツの消費者嗜好の解析.常緑果樹研究会
稲垣 栄洋 大石 智広 松野 和夫 高橋 智紀

お問合せ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211  FAX:0538-37-8466  E-mail:agrikikaku@pref.shizuoka.lg.jp