• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 産業部 > 農林技術研究所 > 成果写真集 > 詳細

ここから本文です。

更新日:2011年4月5日

静岡県農林技術研究所

加温施設及び露地栽培に適したブルーベリー品種の選抜

成果写真集【研究課題名】新しい静岡適応型果樹品種の選抜<2008~2010年度>

画像:「ミスティー」 「ブライトウェル」

「ミスティー」 「ブライトウェル」

画像:第1図 加温施設栽培及び露地栽培における各品種の収量推移(2009)

第1図 加温施設栽培及び露地栽培における各品種の収量推移(2009)

画像:第2図 加温施設栽培及び露地栽培における各品種の品質(3年間の平均)

第2図 加温施設栽培及び露地栽培における各品種の品質(3年間の平均)

研究のねらい

ハウスミカンの転換作物として露地ミカンとの複合栽培が可能なブルーベリーが栽培されている。しかし県内で栽培されている‘ミスティー’、‘オニール’、‘ブライトウェル’の品種特性は明らかになっていない。そこで、各品種の収量、果実品質等の特性を調査し、加温施設栽培及び露地栽培でのそれぞれの作り方における適性を明らかにする。

研究の成果

・加温施設栽培では露地栽培に比べて全ての品種で1ヵ月程度収穫時期が早まり、傷果率が低くなる(第1図、第2図)。
・加温施設栽培下に‘ミスティー’を用いることで4月中旬からの早期出荷が可能である(第1図)。
・‘ブライトウェル’は収穫期は遅いが、加温栽培、露地栽培ともに生育が良好で多収である(第1図)。
 ・ 加温施設栽培、露地栽培ともに‘ミスティー’は糖と酸のバランスが良く食味は優れる(第2図)。

(担当/果樹研究センター落葉果樹科)


お問い合わせ先

静岡県農林技術研究所
〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
電話番号:0538-35-7211 ファックス番号:0538-37-8466